魚とみかんの町・八幡浜

八幡浜港は、三方を山に囲まれた入り江になっており、瀬戸内海と太平洋を結ぶ宇和海に面しています。西日本有数の漁獲高と新鮮さ・美味しさを誇る魚は、流通業、加工業及び小売業を発展させ、全国的に著名な「八幡浜みかん」とともに、基幹産業として「魚とみかんの町」を支えています。また、エソ、ホタルジャコなどは、じゃこ天やかまぼこなど水産加工品の原料となっています。
八幡浜市のホームページ


歴史のある、多種多様な漁法

八幡浜では、藩政のころから、イワシ漁が盛んで、大正時代には1艘引き機船底びき漁(トロール)が始められました。その後、2艘になり、「水産八幡浜」を築き上げました。現在では、愛媛県内で唯一の沖合トロール漁船の基地になっています。 一方、魚種が豊富な宇和海の魚を獲るために、何隻もの船で船団を作り、大きな網で魚の群れを取り囲み、網を閉じて魚をとらえる「まき網漁業」が盛んです。最近では、マダイやブリ類(ハマチ)さらには、マハタなどの養殖も盛んになって来ています。
八幡浜の漁法


多品種な魚と豊富な漁獲高

八幡浜では、四季を通じて多くの品種の魚が水揚げされます。中でも、タチウオ、アジ、エソ、ハモなどの漁獲量が多く、タイ、ハマチ、アジなどの養殖魚も豊富です。鮮度の良いものが提供されること、特に、青魚が美味しく、脂が乗っていることも誇るべき点です。
八幡浜市の漁獲高