魚とみかんの町

  • 八幡浜市公式ホームページの「観光情報」ページには、
    「港近くの活気に満ちた風景、のどかなみかん畑が広がる山間の風景、様々な商店が立ち並ぶ中心街の風景、それぞれに魅力的な八幡浜の風景をたどりながら、そぞろ歩きを楽しんでみませんか?」
    とあります

  • 八幡浜市の歴史は古く、半井梧庵(1813〜1889)撰の「愛媛面影」には、八幡大神立せるによりて八幡浜と名くとあり、養老元年(717年)鎮座と伝える八幡神社を地名の起源としています。

  • 現在の八幡浜市は、佐田岬半島基部の南側を占め、リアス式海岸の奥に八幡浜港を有しています。平地は少なく山に囲まれており、西方は宇和海に開けているという特徴を活かして、魚とみかんの町として、全国的に著名です。

  • 八幡浜市をご訪問いただき、観光と食事をたのしまれませんか?